お客様事例

DTP(InDesign)ファイルをHTML化して、Web公開用システムに登録

1 概要とお客様のメリット

出版社が紙の出版物を制作した際のDTPデータ(InDesign形式)をWebサイトに公開する事で、出版コンテンツに付加価値を与え、出版社の収益向上につなげる動きが活発化しています。

しかし近年普及しつつある電子書籍(EPUB3形式)の場合、閲覧側にEPUBビューアが必要な事やEPUB3への変換費用が高いという理由で出版物の電子書籍化には課題が多く残されているのが現状です。一方、簡単にWebで再利用できるHTML形式に変換するというニーズが急速に高まっています。

サイバーテックのITアウトソーシングサービスではDTPの制作技術とWebサイト制作技術を組み合わせた、DTPデータのWebコンテンツ化のお手伝いを安価に実現します。

2 使用技術・ノウハウ

DTPデータ(InDesign形式)からWebサイト制作・構築に必要なパーツをテキスト、表、画像単位で切り出し、編集します。その後、切り出した各パーツをHTML・XMLのテンプレートに組み込んだりWeb-CMS等のシステムに流し込みを行います。もちろん組込み後のHTML/XMLの微修正を行う際には、HTML/CSS等のWebサイト制作ノウハウやWeb-CMSのノウハウをフルに活用します。

3 使用ツール

用途 ツール名 備考
DTPからのパーツ切り出し・編集 InDesign CC InDesignからテキスト、表、画像を切り出します。必要に応じてサイズ調整等編集を行います。
HTML、XML制作
(コーディング)
HTMLエディタ
XMLエディタ
HTMLやXMLを制作します。
HTML制作
(Web-CMSを利用)
MovableType/WordPress/NOREN等 お客様指定のWeb-CMS お客様側で用意したテンプレートへの流し込みをおこないます。テンプレートの制作も可能です。

DTPからのパーツ切り出し InDesign CC InDesignからテキスト、表、画像を切り出します。必要に応じてサイズ調整を行います。
HTML、XML制作(コーディング) HTMLエディタ
XMLエディタ
HTMLやXMLを制作します。
HTML制作
(Web-CMSを利用)
MovableType
WordPress
NOREN等
お客様指定のWeb-CMS
お客様側で用意したテンプレートへの流し込みをおこないます。テンプレートの制作も可能です。

4 制作から納品までの流れ

1.ヒアリング

お客様からヒアリングを行い内容・スケジュール面で可能かどうかを検討します。

2.サンプルデータによる仕様確認と生産性確認

データの一部をご提供頂き、以下の通り仕様などの確認を行います。

  • お客様との役割分担
  • 指示書に記載すべき内容
  • ファイル命名規則
  • 納品方法
  • チェック項目
  • DTPパーツ切り出しルールの確認
  • Web化のテンプレートやWeb-CMSへの登録ルールの確認
  • 動作保証ブラウザの確認

また、1日あたりの生産性を共有してお客様とスケジュール感を共有します。

3.体制確保と最終お見積

お客様のご要望に合った契約形態でお見積を提示します。

4.制作準備

フィリピンのITアウトソーシングセンターの日本人管理者が、変換する元データを受け取り、作業担当のフィリピン人オペレータへの指示や作業手順の作成を行います。

5.制作開始と日本人によるチェック

現地日本人チェッカーが、ブラウザを使った最終チェックを行います。また、お客様から提供いただいた素材自体のチェックもオプションで承ります。

6.納品及び納品後の微修正

納品物はサイバーテックのサーバもしくはお客様がご用意したサーバ環境にアップします。

5 実績

専門出版社の事例コンテンツのHTML化(約150ページ)

専門出版社の事例コンテンツHTML化概要図

御相談、ご質問はこちら

ITアウトソーシング・お問い合わせ
ITアウトソーシング・03-5457-1770 お気軽にご相談ください

ITアウトソーシング・オフショア開発のポイントがわかる資料(事例つき)

ITアウトソーシング・資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

ITアウトソーシング・メルマガ登録
PAGETOPボタン