HTMLコーディングとは画像

HTMLコーディングとは

Webサイトの制作には、様々な作業工程が存在します。

テクノロジやトレンドの変化に伴い、Webサイトに関する表現手段や方法も多様化する中、Webサイト制作の現場においてもその作業工程は細分化されてきており、かつ専門化してきています。したがって、それぞれ得意な領域ごとに企業もしくは担当が分業する場合も多くなってきています。

Webサイト制作全体の流れは、大きく以下のようになります。

Web制作会社が行う制作の流れ

  • 企画

    お問い合わせ・制作のご依頼から、内容の確認・ミーティングからスタートします。

    クライアントの業種や希望のデザイン、機能、予算や、Webサイトを制作する目的など、どのようなWebをイメージされているかを確認するためにも、企画書が作成されます。

    クライアントからOKが出ると、正式に契約を結び、Web制作がスタートしていきます。

  • ガイドライン作成

    Web制作を具体的に進めて行くうえで、ディレクトリマップのようなWebサイト全体の設計図が必要となるので、Web制作会社はWebサイトの構成・構築を行うために基本的なガイドラインを作成します。

    Webサイト全体の遷移図・UI(見た目)やUX(見やすさ・使いやすさ)などの図式化、テキストや写真の必要なものを事前にリスト化して把握するなど、作業に無駄な時間をかけないようにするため、Web制作の現場では必須の作業となります。

    また、実際にページ内にどのようなコンテンツを配置するか大まかなレイアウトを決めるワイヤーフレームも、このガイドラインと合わせて作成されます。

  • デザイン

    作成されたワイヤーフレームとガイドラインを元に、WebデザイナーがWebサイトのデザインを作成します。

    photoshopやillustratorを使って、主にTOPページと下層ページの2枚のデザインデータを作成していくのが一般的ですが、近年ではWebサイトのスマートフォン対応化が進み、スマートフォン用のデザインデータも合わせて作成する事が増えているようです。

    作成したデザインデータは、クライアントから了承を受けると、このデザインデータ通りに実際にWebサイトへ表示させるため、HTMLコーディングと呼ばれる、コーディング作業を行います。

  • コーディング

    コーディングとは、本来プログラミング言語を使ってソフトウェアの設計図にあたるソースコードを作成することを言いますが、Webサイト制作におけるコーディング(HTMLコーディング)は、HTMLやCSSのマークアップ言語やJavascript言語を用いて、デザイン通りの見た目になるようコードを記述し、ブラウザで表示できる状態とすることを指します。

    近年Webサイトを制作するにあたり、管理・構築が行いやすいWordPressやEC-CUBEなどの、CMS(コンテンツ マネジメント システム)の導入が増えており、その導入からテンプレートの作成などもHTMLコーディング作業の工程に組み込まれるようになりました。また、近年はSEOも重要視されており、HTMLコーディングの品質がSEOには大きく影響します。さらにCMSも無償のものでも高機能なものが出てきており、HTMLコーディングの作業範囲が時代と共に広がっています。

  • 動作確認・サーバーへアップ・公開・納品

    HTMLコーディング作業後のWebサイトは、複数のブラウザで問題なく同じように表示されているかチェックされます。

    チェックが問題なければ、サーバーのテスト環境へのアップロードを行い、最終確認の後、問題がなければ本番環境へアップロードされ、納品されます。

    要望があった際は、サーバーの準備・ドメインの設定やECサイトの決済システムの導入などもWeb制作会社にて行います。

  • 運用・保守

    納品後も要望によって、月毎にWebサイトの更新を行う保守管理やWebサイトの運営を代行する事があります。

    ECサイトでは頻繁に入れ替わる商品のデータを登録する作業が発生いたします。また、WebサイトがYahoo・Googleなどの検索結果の上位に表示させるための施策を行って行くSEO改善作業も、運用・保守工程に含まれます。

HTMLコーディング作業に特化したシーサーコーディング

時代の変化に伴い、Web制作は複雑化しているので、全行程を1つの会社で行うケースが減少してきております。特に、デザイン以降の段階にはSEOも意識した、HTMLやCSSの知識やJavascriptの知識を有した専門のエンジニアが必要となってきます。

特にHTMLコーディングの工程では、専門のコーディング知識だけではなく、CMSの選定~組み込み・テンプレートの作成などが求められてきていることから、近年では外注する制作会社が増えています。

HTMLコーディングサービス「シーサーコーディング」は、Web制作の中でもこのHTMLコーディングの工程に特化しており、完全オンライン対応にて、低価格・高品質でご提供する事ができます。

W3Cに準拠したHTMLのコーディングルールに沿ってHTMLコーディングを行いますので、SEO対策にも効果を発揮いたします。

シーサーコーディングは完全オンライン対応により、お客様に合った高品質・低価格のHTMLコーディングを実現します。まずはお気軽にご相談下さい。