HTMLコーディングの注意点画像

HTMLコーディングの注意点

Web制作ではスケジュールの管理がとても重要となりますが、様々な工程を経て作業を進めて行くため、当初組んでいた納期を過ぎてしまう可能性もあります。

特に制作の工程では、デザイン・外注等、イメージ形にしていく上で様々なやり取りが発生するため、予定していた納期が伸びる事もあります。

HTMLコーディングを発注する際は、全体のスケジュールに余裕を持って、納期の設定をしていく事が大切です。

Webサイトのデザインデータや文章等、作業に必要となるものは、発注前に準備しておくと作業がスムーズに進みます。

Webサイトの目的を明確にする

HTMLコーディング制作段階で、発注者がWebサイトの構成の変更や見た目・効果の追加、Javascriptの実装など、変更・修正が起こる事はよくあります。

しかし、このような変更は、追加で料金が発生してしまったり、納期が変わる事となり、Web制作全体の作業の遅れにつながる可能性があります。

また、HTMLコーディングでの見た目や効果等は的確にWebサイトの目的・性格に合っている範囲で行うべきです。

そこで、発注を行う際は、

  • ●どのような目的のWebサイトにしたいか
  • ●どのような効果を求めていくか

を、打ち合わせの段階で、しっかりと制作会社に伝える事が重要となってきます。

上記に合った実装や、HTMLコーディングの発注依頼をすることが、制作全体の円滑化と、予算面も含め合理的に作業を進めていく事につながります。

Webサイトの保守・管理について

Webサイトが出来上がった後の、Webサイトの保守・管理をご依頼者様が行うか、制作会社に依頼するかもあらかじめ決めておく必要があります。

更新や保守をご依頼者様で行う場合、ご依頼者様が行進しやすくなるようWebサイトの構造を組んでいきますので、作業時間・制作料金が変わってきます。

また、更新する範囲によってはご依頼者様の方である程度のHTMLコーディングスキル必要となる場合が出てきますので、あらかじめ打ち合わせの段階で、制作会社と精査を行う事が大切となります。

シーサーコーディングは完全オンライン対応により、お客様に合った高品質・低価格のHTMLコーディングを実現します。まずはお気軽にご相談下さい。