初めてのオフショア

Backlogを使用するメリット

Backlogを使用するメリット

プロジェクトを進める上で必要となるコミュニケーションはメールやスカイプなどでも行えますが、より強力にプロジェクトを推進するツールとして、サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは「Backlog」を推奨しております。

Backlogとは、インターネット上でプロジェクトを管理することができる、プロジェクト管理ツールです。以下がBacklogを使用する上でのメリットです。

多くのメリット

バックログコメント画面

1.進捗状況の管理が簡単にでき、各メンバー間のやり取りを履歴として見ることができる。

プロジェクトに関する課題に対して「未対応」、「処理中」、「処理済み」、「完了」といったステータスに変更することにより、関係者が一目で課題の状況を把握することができます。
また、各メンバー間の質疑応答等のコメントを追加することができ、各コメントをメールのスレッド形式のように、閲覧することができます。

2.コメントの追加、課題の更新等の各アクションを通知することができる。

各メンバーの課題に対するコメントの追加、添付ファイルの追加等のアクションが発生するごとにメールでの通知を行うことができます。

3.ネット環境があれば、どこからでもアクセスが可能。

Backlogはスマホアプリもあるため、外出中であっても、課題の確認、課題へのコメントの書き込み等のアクションをiPhoneまたはAndroidのスマホから行うことができます。
また、メールで届いた通知に対して返信することでも、自動的にBacklogの課題へコメントを追加することができます。

4.優先度/課題の期日の設定が可能。

課題等に優先度や期日を設定することにより、優先しなくてはならない課題を赤枠で目立たせることや、期日が近づくと自動的に通知が担当者へ送られます。

5.自分の登録/担当タスクの把握が簡単にできる。

ダッシュボード上に、自分の登録タスク、および、自分の担当タスクの一覧表示があるため、タスクを簡単に把握することができます。また、全ての担当タスクに対して一括で「状態」の変更を行うことも可能です。

6.権限管理により、ユーザの閲覧可否を管理

管理者、プロジェクト管理者、一般ユーザ、ビューワ等の権限の振り分けにより、プロジェクトの設定可否、プロジェクトの閲覧可否、コメントの追加可否等を設定/管理することができます。

7.詳細検索機能

「状態」、「カテゴリー」、「発生バージョン」、「マイルストーン」、「種別」、「優先度」、「担当者」、「登録者」、「完了理由」、「添付ファイルの有無」等の条件による課題の検索や、キーワードでの入力による検索も可能なため、閲覧したい課題の特定を容易に行うことができます。
また、検索結果に対して、まとめて各課題の「状態」の変更を実施することも可能です。

8.コメント機能

課題へのコメントの追加機能には、URL、見出し、箇条書き、絵文字、コードブロック、特定の課題および、添付ファイルへのリンクの追加や、太字、斜体、打ち消し線、フォント色の変更も行うことができるため、単純なコメントだけではなく、強調したい部分へのフォント色等の変更や、コードブロック入りの解説等を行うことも可能です。
また、Subversion、Gitを併用してプロジェクトで使用している場合、各リビジョンへのリンクを貼ることも可能です。

9.個人設定

メンバーごとの表示言語(日本語/英語)や、タイムゾーンの設定ができるため、外国人や、海外拠点のメンバーがいる場合でも、それぞれのタイムゾーンでの時刻、メニュー言語での表示を行うことができます。

御相談、ご質問はこちら

ITアウトソーシング・お問い合わせ
ITアウトソーシング・03-5457-1770 お気軽にご相談ください

ITアウトソーシング・オフショア開発のポイントがわかる資料(事例つき)

ITアウトソーシング・資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

ITアウトソーシング・メルマガ登録
PAGETOPボタン