CMSとは、コンテンツマネジメントシステム(Contents Management System)の略で、Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。広義には、(Webサイトに限らず)デジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称。

従来Webサイトを構築するには、見出しや文章、画像などを作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの言語でレイアウトや装飾を記述し、ページ間にリンクを設定するといった作業も行う必要があり、Webの知識がある程度必要となる。そのような作業を誰でもできるように、操作や管理を直感的なインターフェースなどで一元化し、Webサイト構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSである。

CMSを導入すれば、文章や画像を作成する人はHTMLなどを習得して記述する必要はなくなり、デザイナーやコーダーは文字や画像などの要素が更新されるたびにページを更新する必要はなくなる。また、Webサイト内のナビゲーション要素なども自動生成するため、ページが追加されるたびに関連するページにリンクを追加するといった作業からも解放される。CMSの中には、Webサイトのデザインをテンプレート(ひな型)としてあらかじめいくつか用意しているものもあり、これを使えば制限はあるが、画像の作成やデザインを行うことなくWebサイトを構築することができる。

技術的な知識がなくても運用を行えるため、近年では各企業が自社のWebサイトを静的なHTMLによるWebサイトからCMSを用いたWebサイトへ移行する企業が増えている。