Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマット。主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。

RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができ、多数のWebサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することができる。
指定したサイトのRSS情報を取り込んで更新状況をまとめたWebページを生成するアンテナ(巡回)ソフトや、デスクトップに指定したサイトの更新情報を表示するティッカーソフトなどが開発されており、ニュースサイトや著名なウェブログなどでは、更新情報をRSSで公開するところが増えている。

RSSはバージョンアップの過程で複数の系統に分裂し、それぞれ互換性は無い。
用途も微妙に異なるため、「RSS」のフルスペルもそれぞれ別々。現在も複数のバージョンが並存している。
大きく分けて、RDF Site Summary 0.9→1.0という系統と、Rich Site Summary 0.91→(0.9x→)Really Simple Syndication 2.0の系統がある。