契約形態と料金

日本人のためのラボ契約

ITアウトソーシング・英語の心配はゼロ!自社拠点の開設リスクもゼロ!長期間ご契約いただく程,お客様のメリットも大きくなる

サイバーテックは、以下のような様々な観点から、オフショア委託を頂く際にはラボ契約形式をご推奨いたしております。
むろん、当初はラボ契約形式ではなく、ミニマムボリュームによるトライアルからスタート頂くことも可能です。

ラボ契約のメリットとは

ITアウトソーシングのラボ契約のコストダウンのメリット図

最大のメリット!開発経費が削減できる

「セブ島にエンジニアがいるの?」とよく聞かれます。しかしながら、フィリピンは9000万人の人口を有する、東南アジアではインドネシアに次ぐ人口の多い国であり、その中でもセブシティは首都マニラに次ぐ都市であり、情報系(Computer Science)学科を有する大学は11校あります。サイバーテックは全員情報系出身者で構成されていますので、技術力の高さは折り紙つきです。
しかもそのような優秀なエンジニアの人件費が日本に比べると圧倒的に安く、開発経費の中でも最も占有率を占める人件費を大幅に削減することができます。

  • フィリピン人の国民性・人型のイラスト

    安いだけではない!
    国民性も最適な理由

    どこの国でも同じですが、フィリピン人の国民性は日本人の価値観から見て良い点と悪い点があります。悪い点を言えば時間にルーズだったり、おおらかな部分が多かったり、詰めが甘かったりと…。しかし良い点は何よりも「ラテン系で笑顔が素敵」というところでしょうか。とにかく一緒に仕事がしやすく、仕事を進める上で深刻な原因となる対立が生まれることがほとんどありません。また先ほど述べたように優秀な人材の確保も容易です。

  • ITアウトソーシング・Japanese Manager

    弱点をカバーする!
    現地駐在の日本人マネージャー

    フィリピン人特有の国民性や日本とのコミュニケーションロスを防ぐため、サイバーテックではフィリピン人エンジニアをマネージメントするのは全員日本人マネージャとなります。
    さらに品質チェックも日本人マネージャとは別に日本人による品質管理チームが存在し、複数の日本人の視点でプロジェクト管理~品質管理を徹底しております。

  • ITアウトソーシング・Long-term

    中・長期的な契約がもたらす
    様々なメリット

    ラボ契約というサービス形態は通常の契約よりも長い期間での契約になりますので、業務に携わるエンジニアの習熟度がどんどん高まり、お客様の業務効率向上に寄与することが可能となります。
    ご推奨するのは、当初数カ月は日本から駐在員を派遣頂き、実際の業務移管を行って頂いた後、サイバーテックの現地駐在日本人マネージャによる運営スタイルに移行頂く形ですが、案件内容や諸般のご事情等にてスカイプなどによる会議のみでプロジェクトをスタートすることも可能です。

  • 自社拠点立ち上げ不要・ポイントマークイラスト

    ITアウトソーシングが
    自社拠点開設よりも有利な点

    フィリピンに限らず新興国の労働に関する法制度は、工場での勤務がベースとなっているため、労務関連の問題が多発します。またそれなりの業務量が定常的に発生する状況でないと、マネージャ+現地エンジニアの給与その他の費用が長期的に見た場合、ペイしない状況が生まれます。例えばシステムインテグレータが海外委託する際の目安は月間15~20人月以上のプロジェクトと言われており、しかも一度開設したら撤退しにくい海外での自社拠点開設は非常にリスクが高いことがご理解頂けると思います。その点、ラボ契約であれば、面倒な手続きや労務問題などをはじめ、現地特有の法制度などの知識は不要で、現地日本人マネージャと共同で委託業務の内容~マネージメントのみを検討いただくだけで大丈夫なので、余計な事を考えなくても良い分、オフショア委託の成功確率もグンと高まります。

御相談、ご質問はこちら

ITアウトソーシング・お問い合わせ
ITアウトソーシング・03-5457-1770 お気軽にご相談ください

ITアウトソーシング・オフショア開発のポイントがわかる資料(事例つき)

ITアウトソーシング・資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

ITアウトソーシング・メルマガ登録
PAGETOPボタン