お客様事例

大量DTPデータ加工(Illustrator形式からInDesign形式への移行)

1 概要とお客様のメリット

メーカーのカタログ制作部門では、毎年改訂を行う「総合カタログ」の制作効率化及び印刷コスト削減が課題となっています。これらカタログの改訂は、印刷会社が印刷業務とともに改訂業務を請け負う場合が多く、クリエイティブなデザイン作業や高度なDTP作業の比率が少ないにもかかわらず通常の制作費用がかかってしまっています。

この問題は、メーカーのカタログ制作部門がDTPのマスタデータを管理できていない事が原因であり、DTPデータを管理できていれば、定型化された改訂作業をより安価な外注先へアウトソースすることが可能となります。

サイバーテック ITアウトソーシングサービスでは、DTPの制作加工技術でお客様のDTPデータの改訂やWeb化に必要な各種加工作業をお手伝いします。

2 使用技術・ノウハウ

Illustrator形式からInDesign形式にカタログデータを移行する際に、最初に必要なパーツをテキスト、表、画像単位で切り出します。その後、テンプレート化したInDesignに各パーツを配置し直します。InDesignのテンプレートは、その後Webサイト等への再利用や修正しやすいようあらかじめルール化やタグ付けを行います。

3 使用ツール

用途 ツール名 備考
DTPからのパーツ切り出し Illustrator CC InDesignからテキスト、表、画像を切り出します。必要に応じてサイズ調整を行います。
テンプレート制作 InDesign CC Illustrotorから切り出したパーツをInDesignのテンプレートに配置します。
フォント Morisawa passport

DTPからのパーツ切り出し Illustrator CC InDesignからテキスト、表、画像を切り出します。必要に応じてサイズ調整を行います。
テンプレート制作 InDesign CC Illustrotorから切り出したパーツをInDesignのテンプレートに配置します。
フォント Morisawa passport

4 制作から納品までの流れ

1.ヒアリング

お客様からヒアリングを行い内容・スケジュール面で可能かどうかを検討します。

2.サンプルデータによる仕様確認と生産性確認

データの一部をご提供頂き、以下の通り仕様などの確認を行います。

  • お客様との役割分担
  • 指示書に記載すべき内容
  • ファイル命名規則
  • 納品方法
  • チェック項目
  • DTPパーツ切り出しルールの確認
  • InDesign側の配置ルールとレイアウトの確認

また、1日あたりの生産性を共有してお客様とスケジュール感を共有します。

3.体制確保と最終お見積

お客様のご要望に合った契約形態でお見積を提示します。

4.制作準備

セブ ITアウトソーシングセンターの日本人管理者が、変換する元データを受け取り、作業担当のフィリピン人オペレータへの指示や作業手順の作成を行います。

5.制作開始と日本人によるチェック

現地日本人チェッカーが、InDesign上で貼り付けの漏れやレイアウトが正しく再現できているかの最終チェックを行います。

6.納品及び納品後の微修正

納品物はサイバーテックのサーバもしくはお客様がご用意したサーバ環境にアップします。

5 実績

専門出版社の事例コンテンツのHTML化(約150ページ)

ITアウトソーシング・専門出版社の事例コンテンツのHTML化(約150ページ)

御相談、ご質問はこちら

ITアウトソーシング・お問い合わせ
ITアウトソーシング・03-5457-1770 お気軽にご相談ください

ITアウトソーシング・オフショア開発のポイントがわかる資料(事例つき)

ITアウトソーシング・資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

ITアウトソーシング・メルマガ登録
PAGETOPボタン