お客様事例

DTPデータのWeb展開事例

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターがInDesign等でデザイン・制作されたDTPデータやWord等各種ドキュメントデータから、Web制作・展開に必要なデータを、低コストで制作した事例をご紹介いたします。

Webサイト DTP DTPデータのWeb展開

  • DTPデータのWeb化
    (XHTML化)

    サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、XML技術をベースに、DTPデータをWebサイトに再利用するための支援を行っています。出版社M社様では、自社の出版コンテンツの一部を会員向けのWebサイトに再利用する目的で、約100ページのDTPデータのXHTML化業務をサイバーテックに委託しました。

    詳細

  • DTP(InDesign形式)の教材のXML化~データベース登録

    通信教育を展開する教育サービス企業大手Z社では、数十万点もの印刷物の教材をデジタル教材商品として再利用し、組版コストの削減・制作業務のスピード化、制作の効率化を図る事になりました。教材のデジタル化を実現するためには、「DTPデータのXML化」と「XML化した教材のデータベース化」の2点を行う必要があります。

    詳細

  • DTP(InDesign)ファイルをHTML化して、Web公開用システムに登録

    出版社が紙の出版物を制作した際のDTPデータをWebサイトに公開する事で、出版コンテンツに付加価値を与え、出版社の収益向上につなげる動きが活発化しています。しかし電子書籍は交換費用の面等課題が多い現状です。一方、簡単にWebで再利用できるHTML形式に変換するというニーズが急速に高まっています。

    詳細

  • Flash(swf)コンテンツのiPad対応(mp4+HTML5ビューア)

    Flash(swf形式)で作成された数多くのコンテンツは、現在iPadやiPhoneでは再生する事が出来ません。一方でスマートフォンやタブレットを前提とした出版コンテンツやデジタル教材の提供ニーズが高まり、Flashコンテンツのインタラクティブ機能も含めてiPadで再生できるように変換する作業が必要となっています。

    詳細

  • ドキュメント(MS-Word形式)のWeb流用に伴うXML変換作業

    製造業の社内技術文書やマニュアル、出版社の出版物の元データなどのドキュメントをWebサイトに公開して活用するためには、HTML等の形式に変換、加工する作業が必要になります。Word形式の文書はWordの機能を使う事でHTMLやXMLに一括変換する事が出来ますが、ほとんどの場合、何らかの調整や手を加える必要があります。

    詳細

御相談、ご質問はこちら

ITアウトソーシング・お問い合わせ
ITアウトソーシング・03-5457-1770 お気軽にご相談ください

ITアウトソーシング・オフショア開発のポイントがわかる資料(事例つき)

ITアウトソーシング・資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

ITアウトソーシング・メルマガ登録
PAGETOPボタン