お客様事例

CMS導入・Webサイト運用保守 A社

サイバーテック セブITアウトソーシングセンターでは、お客様のWebサイトへのCMS導入支援を行っている。大手監査法人A社様では、自社のコーポレートサイトのリニューアルに伴い、現状公開されている約2,000ページのコンテンツをCMS「NOREN」に移行する業務をサイバーテックに委託し、コンテンツ移行業務のコストダウンに成功した。

背景
CMS「NOREN」により、Webサイト管理業務を効率化

大手監査法人であるA社は、サービスの多様化とグローバル化に対応すべく、Webサイトによる情報発信の強化と管理効率化を目指していた。従来のWebサイトは、CMSが導入されていなかったため更新や管理を外部に委託していたが、更新頻度が低く、さらに管理コストが増大するという課題を抱えていた。

そこで、A社はCMSの導入を決断。国内で導入実績の多い「NOREN」をベースとしたWebサイトのリニューアルに取り掛かる事になった。

国内業者への見積もり~CMSへのコンテンツ移行だけで700万円?
問題はCMSへのコンテンツ移行のコスト

Webサイトリニューアルに伴い、A社ではマーケティング本部が中心となり、CMSには「NOREN」を採用。CMSの導入準備やテンプレート設計を行っていた。ところが、国内の複数の業者に現状の約2,000ページのコンテンツを「NOREN」に移行する見積もりを依頼したところ、どこの業者も600万円~800万円という当初想定以上の見積もりであったため、このコンテンツ移行コストを削減する必要に迫られた。

マーケティング本部のマネージャーは、安価にCMSへの移行を行う事ができる会社をWebサイトで検索した結果、「日本品質・フィリピン価格」を掲げるサイバーテックのITアウトソーシングサービスを知り、早速Webサイトから「CMS導入・運用保守」サービスの問い合わせを行った。

コストは国内業者の約60%! オフショア・アウトソーシングの魅力
海外オフショアを活用し、低コストでWebコンテンツをCMS「NOREN」に移行

同社とサイバーテックは今回が初取引であったが、サイバーテックからオフショアアウトソーシングサービスやCMSへのコンテンツ移行の説明を受け、以下の点に魅力を感じた。

  • 現地フィリピンの制作窓口が日本人である事(十分な管理体制)
  • 契約と営業窓口は日本である事(顔が見える)
  • 品質管理も日本人が実施する事(CMS移行後の不適切な改行もチェック)
  • 国内に比べて単価が圧倒的に安い事(大幅なコストダウンが可能)
  • CMSはもとよりWebやHTMLの技術を保有したエンジニアが多数在籍している事
  • NORENをはじめ、様々なCMSの導入やコンテンツ移行の実績が多数ある事

A社は早速サイバーテックに見積もりを依頼したが、予想通り国内業者の約60%のCMS移行費用でありながら、制作の進め方や実施期間は日本の業者とほぼ同じ、という結果であった。

商用のCMSでも「日本品質・フィリピン価格!」
約3ヵ月で約2,000ページのコンテンツをCMS「NOREN」に移行

A社はすぐにサイバーテック社に発注を実施し、すぐに「NOREN」へのコンテンツ移行作業が始まった。実際にA社の担当者が行った作業は以下の通りであった。外国人を意識した詳細な作業マニュアル作成やCMS移行後の細かな校正(文字チェック)については全てサイバーテック側で吸収したため、国内業者とのやり取りとほぼ同等の負荷であったと言える。

  • 作業開始前のトライアル実施
  • 作業計画書と簡単な作業マニュアルの作成
  • CMS「NOREN」へのコンテンツ移行に関する質疑応答
  • CMS移行後のチェック

A社の担当者は、初の海外オフショアを次のように振り返った。

「最初はオフショアで日本語をCMSに移行することに関して不安がありましたが、最初にトライアルを行い、品質と生産性を現地の担当者様と共有する事ができたのが良かったと思います。今回は、簡単なNORENのテンプレートであれば1日で約8ページ分、複雑なテンプレートでも1日4ページ移行できることが共有されたため、スケジューリングも正確でした。」

さらに、「外国人の方がCMSに移行する際にはコピペ(コピー&ペースト)ミスが発生することが予想されていましたから、セブの現地担当者様と差分チェックツールの導入について話をしていました。ここも現地のチェック工数削減と品質の向上に繋がった大きなポイントと言えます。」

このように、お客様と現地担当者との密な連携により、WebコンテンツをCMS「NOREN」に移行するプロジェクトは予定通り3ヵ月で終了した。

効果とその後の展開
上手に海外アウトソースを活用して、本業に集中!

同社では、今回の経験を生かして今後はCMSをベースにWebサイトの制作や運用、翻訳などの海外アウトソース化を積極的に進める検討に入った。

業務の効率化と情報発信のスピードUPは、どの企業のマーケティング部門でも大きな課題となっているが、今後はA社のように、CMS移行をはじめ海外アウトソースを上手に活用する事で、本来の業務に集中し大きな成果を生み出すことが期待されている。

御相談、ご質問はこちら

ITアウトソーシング・お問い合わせ
ITアウトソーシング・03-5457-1770 お気軽にご相談ください

ITアウトソーシング・オフショア開発のポイントがわかる資料(事例つき)

ITアウトソーシング・資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

ITアウトソーシング・メルマガ登録
PAGETOPボタン