お客様事例

紙の教材から問題に関する属性情報を抽出、システムに入力してcsvファイル化

1 概要とお客様のメリット

授業スタイルの多様化により、塾などの教育サービス企業が取り扱う問題集や補助教材は数だけでなくバリエーションも多種多様となっています。さらには、レベル別指導や個別指導への対応から、問題の個別管理による「組み合わせ問題」や「カスタマイズ問題」を作成する事が求められています。

しかし、教材制作の担当者は実業務と並行して数万問の問題全てに対し、特別な専門知識がなくても良い「属性を設定作業」を自身で行っています。サイバーテックでは、このような「専門的な知識がほぼ不要なデータの整理作業」をお客様に代わって実施する事が可能です。

あるお客様の依頼で、80冊分の教材、全部で数千問の問題に対して属性情報を付与し、自社で作成した入力ツールに入力して同時にデータベース化、7種類のcsvデータを出力する所までお手伝いさせて頂きました。

2 使用技術・ノウハウ

日本人とフィリピン人で作業可能な範囲を明確人決めて、分業化しました。教材の属性情報を整理する工程や一部日本語入力作業が伴う工程については、現地の日本人オペレータをチーム化して行いました。問題番号やページ数といった外国人でも可能な属性付与についてはフィリピン人チームが実施しました。また、7種類のcsvは全てデータベースからプログラム経由で出力させることでcsv作成を圧倒的に短縮化しました。この問題メタデータ入力ツールとデータベース化プログラムの作成はエンジニアチームが担当しました。

3 使用ツール

用途 ツール名 備考
属性情報整理 ―(日本人による手作業)
属性情報の登録、DB化 独自の入力ツールを制作
Java/MySQL
  • 日本人が担当する属性:
    問題名、教科書会社名、問題種別等
  • フィリピン人が担当する属性:
    問題番号、ページ数、教科コード、出版社コード等のコード情報

属性情報整理
(日本人による手作業)
属性情報の登録、DB化 独自の入力ツールを制作
Java/MySQL
  • 日本人が担当する属性:問題名、教科書会社名、問題種別等
  • フィリピンが担当する属性:問題番号、ページ数、教科コード、出版社 コード等のコード情報

4 制作から納品までの流れ

1.ヒアリング

お客様からヒアリングを行い内容・スケジュール面で可能かどうかを検討します。

2.サンプルデータによる仕様確認と生産性確認

データの一部をご提供頂き、以下の通り仕様などの確認を行います。

  • インプット情報の項目の確認
  • アウトプットのCSVデータの出力仕様の確定
  • 納品方法
  • チェック項目

3.体制確保と最終お見積

4.制作準備

  • 日本人及びフィリピン人チームの体制確保と事前教育
  • エンジニアチームへの入力ツールの仕様伝達

5.制作開始と日本人によるチェック

現地日本人チェッカーが、CSVファイルのチェックを行います。

6.納品及び納品後の微修正

納品物はサイバーテックのサーバもしくはお客様がご用意したサーバ環境にアップします。

5 実績

教育サービス企業

ITアウトソーシング・教育サービス企業

御相談、ご質問はこちら

ITアウトソーシング・お問い合わせ
ITアウトソーシング・03-5457-1770 お気軽にご相談ください

ITアウトソーシング・オフショア開発のポイントがわかる資料(事例つき)

ITアウトソーシング・資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

ITアウトソーシング・メルマガ登録
PAGETOPボタン