セブ島の観光名所の一つとしてCPDRC(セブ刑務所)があります。このCPDRCでは更生プログラムの一環として受刑者がダンスの練習を日々行っており、ダンスパフォーマンスを一般公開しています。日本でも有名な曲に合わせて踊ったりしています。

以前この施設で行われたマイケルジャクソンのスリラーのダンスが動画サイトにアップされ、話題となり、一躍世界に知られる事となりました。日本の番組などでも紹介されたことがあるようです。

CPDRC外観

ダンスは月に1回(毎月最終土曜日)実施されますので、毎日見る事ができるわけではないようです。CPDRCへの行き帰りには、バイクタクシー等の交通手段を確保する必要がありますので、観光上級者向けの観光スポットとなります。以前は無料送迎バスが、セブ州庁舎(キャピタル)から出ていましたが、残念ながら今は既に廃止されたようです。

私がCPDRCへ訪れた際は、マクタン島在住でしたので、到達するのが大変でした。午後1時ぐらいに無事到着した時には既にたくさんの留学生と観光客がいました。

私自身日本にいる時にテレビで紹介されているのを見ただけだったのですが、まさかここまで観光客で賑わっているとは思いませんでした。ダンスに関しては練習が良くされているようで、完成度が高く、素晴らしいパフォーマンスでした。

熱い中、楽しげに踊る囚人たち

この施設は厳密には刑務所ではなく、軽犯罪(窃盗等)の刑を言い渡されるまでの一時的な拘留(更生)施設なので、凶悪犯罪者は一切いないため、危なくないからという理由からかもしれませんが、ダンスパフォーマンス後に囚人達と一緒に記念写真を撮ったりすることができます。また、施設内では、囚人たちと同じオレンジ色のTシャツ等のお土産を購入する事ができます。

少々特殊な観光地ですが、こういう体験はどこでもできるわけではないので、セブの普通の観光地にはもう飽きてしまったという方は、是非CPDRCを新たな観光地として検討してみてはいかがでしょうか。

(Sato)