周りからは「橋元=XMLデータベース」もしくは「橋元=セブ島」というイメージを持たれているようですが、実はセブ島のほうはご無沙汰だったりします。(^^;

現地拠点を2006年に立ち上げた当初からしばらくはしょっちゅう行っていましたが、今はすっかり安定しているので、行く必要が全く無くなってしまいました。でも、それってちょっぴり寂しいな・・・

というわけで、今回フィリピン・セブ島にあるITアウトソーシングセンターに行ってきましたが、よくよく考えると一年半ぶり。しかも最後にセブに行ったのはマニラでの用事がメインだったので、セブにはアテンドがてら立ち寄ったレベル。オフィスにいたっては、一瞬しか立ち寄らなかったなぁ~

というわけで、今回の渡航目的は、久々に現状を確認したいのと、来期のことや今後の方向性といった話を共有すること。特に、セブが目指すべき方向について、直接色々と話が出来たことは大きいかな、と思っています。

ちなみに、セブ拠点が目指す具体的な方向とは、

「日本にITサービスを提供している、セブNo.1の独立系日本企業になる!」

というもの。

「挑戦的にNo.1が目指せる事をやる」

という、サイバーテックの存在意義ともいえる大方針のうちの一つに沿っています。

現状はどうかといえば、これだけ条件をつけてカテゴリを絞ると、さすがに「サイバーテック・セブITアウトソーシング」も現地で3本の指に入ってきます。正確な統計情報は無いのですが、どうも2番手らしく、現状は1位になることもなんとか視野に入ってきています。

あと、今回私と会った事のないフィリピン人のスタッフも増えていたので、現地責任者が改めて私を紹介してくれることに。

私は「単に紹介してくれるだけで良いよ」と話したにもかかわらず、なんだかガマンできなくなって、練習がてら、頑張ってちょこっと英語で自己紹介をしてみました。ぶっつけですが、まぁなんとかなるもんですね。(^^)/

そして、オタノシミは・・・実は今までやったことがあるようでやったことの無い、ビーチリゾートの白い砂浜で冷たいビールを一杯やりながらノートPCを広げて仕事、というのをやってみました。私はバッテリーが切れたら終了なので、後は海に入るだけ、ですが(汗)、外人さんの中には、どこからか延長ケーブルを引いてきて、電源をそこからとりながら仕事をしている方もおりました。日本人より真面目やん!

そんなこんなも含め、うーん、いいね、セブ!

やっぱり、ちょこちょこ行かなければいけいなーと再確認した今回の渡航でした。

さて、次はいつ行こうかな・・・(笑)

(橋元賢次@日本から出張中)